大田区の葬儀会社にサポートをしてもらいました

葬儀スタッフがサポートしてくれるので段取りよく進む

葬儀 大田区ご葬儀・家族葬

まだ家族の気持ちが平静ではいられないので、他の人に会って父の死を話すということができないと感じたからです。
しかし準備をしている過程で、父の教え子だった複数の人から葬儀に参列したいので日程を教えて欲しいという連絡がありました。
沢山の連絡があったので、父は家族だけでなく多くの教え子にも見送って欲しいのではないかと考えました。
家族葬で行うときは、葬儀会館を借りて行おうと考えていましたが、葬儀会社に相談をしたところ柔道場が広いスペースなので、そこで通夜式と葬式をしたらどうかと提案をしてもらいました。
柔道場の近くには公営に運動場があるので駐車スペースもありますし、駅からも徒歩圏内なので参列する人にも訪れやすいのではないかということからでした。
柔道場で葬式を行えるのであれば、長年そこで仕事をしていた父も嬉しいだろうと思ったので、サポートをお願いすることにしました。
すぐに段取りや費用、棺や祭壇のグレードを決めることになりました。
父の死を受け止めることで精一杯になっていたので、スタッフがサポートをしてくれたのは本当に助かりました。
柔道場の中を葬式が行えるように壁を布で覆ってもらい、祭壇や焼香を行うときの配置を決めてもらいました。
椅子を並べたり、冬だったので寒さ対策にストーブを設置して温める場所も作ってもらいました。

他界した父を家族葬で見送る葬儀スタッフがサポートしてくれるので段取りよく進む葬儀場で葬式を通夜式を行うことに

養母の葬儀がまたね、家族葬でこじんまりなつもりだったんだけど、あの人9人兄弟でまだ5人も元気な方がいるから、なんだかんだで30人以上集まっちゃてこじんまりどころじゃなかった。しかもなんの血の繋がりもない私の事を心配してくれててすっごい携帯番号渡され攻めにあうしで大変だった。

— きゅうり (@tomato_daifuku) 2018年6月26日